連続データを作る

サンプルソース

Range("A1").value = "2015/01/01"

' セルの値と数式をクリア
Range("A1").AutoFill Destination:=Range("A1:A31")
' セル(A1:A31)に 2015/01/01〜2015/01/31 が入る

' セルの値と数式をクリア
Range("A1").AutoFill Destination:=Range("A1:A12"),Type:=xlFillMonths
' セル(A1:A12)に 2015/01/01〜2015/12/01 が入る

解説

AutoFillで基準となるセルを選択し、連続データを作成します。
Excelのオートフィルと同じ操作です。

Destinationは書き込み先のセルの範囲を指定します。

Typeはオートフィルの種類を設定します。省略可能です。
設定内容
xlFillDefault (既定)標準のオートフィル
xlFillCopyコピー
xlFillSeries連続データ
xlFillFormats書式のみコピー
xlFillValues書式なしコピー
xlFillDays日単位
xlFillMonths月単位
xlFillYears年単位
xlFillWeekdays土日を除く平日



セルの操作

Copyright (C) ExcelVBA@Workshop All rights reserved.