セルに条件付き書式を設定する

サンプルソース

' 値が1〜10の範囲内の場合(1つ目の条件)
Range("A1").FormatConditions.Add Type:=xlCellValue, Operator:=xlBetween, Formula1:="1",Formula2:="10"

' 条件書式の設定(1つ目の条件)
Range("A1").FormatConditions(1).Interior.ColorIndex = 3 ' 文字を赤色


' A1値が1の場合(2つ目の条件)
Range("A1").FormatConditions.Add Type:=xlCellValue, Operator:=xlEqual, Formula1:="1"

' 条件書式の設定(2つ目の条件)
Range("A1").FormatConditions(2).Font.ColorIndex = 3 ' 背景を赤色


' A1値が1より大きい場合(3つ目の条件)
Range("A1").FormatConditions.Add Type:=xlCellValue, Operator:=xlGreater, Formula1:="1"

' 条件書式の設定(3つ目の条件)
Range("A1").FormatConditions(3).Font.Bold = True ' 太字


' A2値が1より小さい場合(4つ目の条件)
Range("A1").FormatConditions.Add Type:=xlExpression, Operator:=xlLess, Formula1:="=RC[1]<1"

' 条件書式の設定(4つ目の条件)
Range("A1").FormatConditions(4).Font.Italic = True ' 斜体

解説

FormatConditions.Addで条件付き書式を設定します。

条件付き書式は、あるセルの値が指定した範囲内なら背景を赤色にする、といった条件をセルにつけることができます。
上のサンプルのように、同じセルに複数の条件付き書式の設定が可能です。

オプションのTypeにはチェック対象の種類を設定します。

Typeの設定値
設定内容
xlCellValue1セルの値
xlExpression2数式
以下はExcel2007 以降で設定可能
xlColorScale3カラー スケール
xlDatabar4データバー
xlTop105上位の 10 の値
xlIconSet6アイコン セット
xlUniqueValues8一意の値
xlTextString9テキスト文字列
xlBlanksCondition10空白の条件
xlTimePeriod11期間
xlAboveAverageCondition12平均以上の条件
xlNoBlanksCondition13空白の条件なし
xlErrorsCondition16エラー条件
xlNoErrorsCondition17エラー条件なし


オプションのOperatorには条件の種類を設定します。
xlBetweenとxlNotBetweenのときのみ、Formula2の設定ができます。

Operatorの設定値
設定内容
xlBetween1次の値の間
xlNotBetween2次の値の間以外
xlEqual3次の値に等しい
xlNotEqual4次の値に等しくない
xlGreater5次の値より大きい
xlLess6次の値より小さい
xlGreaterEqual7次の値以上
xlLessEqual8次の値以下


FormatConditionsでセルの条件付き書式が真の場合の書式設定を行います。




セルの操作

Copyright (C) ExcelVBA@Workshop All rights reserved.