VBA の変数

変数とは、数値やテキスト文字列などのデータを格納する記憶領域に名前を付けたものです。

変数に格納されているデータは、変数の "値" と呼ばれます。
変数を使うと、名前を使って値を格納や取得ができるため、ソースをわかりやすくできます。

変数は、Dim で定義し、続けて As でデータ型を設定します。

変数の宣言例

Dim strParam As String

例では、strParamという名前で、文字列型(String型)の変数を宣言しています。

データ型とは

Dimで変数の定義をした後、Asでデータ型を設定します。

よく使用するデータ型は以下のようなものがあります。

データ型データ型名値の範囲
Byteバイト型0〜255の正の整数
Booleanブール型True または False
Integer整数型-32,768〜32,767
Long長整数型-2,147,483,648〜2,147,483,647
Single単精度浮動小数点型-3.402823E38〜-1.401298E-45
または
1.401298E-45〜3.402823E38
Double倍精度浮動小数点型-1.7976931346823E308〜-4.94065645841247E-324
または
4.94065645841247E-324〜1.7976931346823E308
Currency通貨型整数部15桁、小数点4桁の固定小数点数
Date日付型西暦100年1月1日〜西暦9999年12月31日の日付と時刻
String文字型文字列
Variantバリアント型あらゆるデータ型

変数の指定について

VBAでは、必ずしも変数を宣言する必要はありませんが、

データ型を省略すると Variant型になります。
省略してもエラーにはなりませんが、内部的な型チェックが行われるため、処理効率が
落ちる原因になります。

特別な理由がない限りは、データ型を指定することをおすすめします。

変数を必ず宣言するように習慣付けておくと、エラーの発生を未然に防ぐことができます。




Excel VBA講座

関連リンク
 セル、シート、ブックの参照や操作、
 書式設定に関するサンプル集。

 VBScriptの文字列、日付、ファイルの  操作に関するサンプル集。




セルの参照
セルを扱う
セルの範囲を扱う
行や列を扱う
セルに値を取得・設定する
セルに文字列で取得する
セルを選択する
選択しているセルを参照する
セル数、行数、列数を求める
行番号、列番号を求める

セルの書式
フォントサイズを設定する
フォント名を設定する
フォントの太字・斜体を設定する
取消線を設定する
上付き文字を設定する
下付き文字を設定する
セルの表示形式を設定する
配置を設定する
横書き・縦書きを設定する
文字の折り返しを設定する
セルを結合・解除する
セルの背景色・文字色を設定する
セルに罫線を引く(線の位置)
セルに罫線を引く(線の種類)
セルに罫線を引く(線の太さ)
セルに罫線を引く(線の色)
セル範囲の周囲に罫線を引く
セルを挿入する
セルを削除する


Copyright (C) ExcelVBA@Workshop All rights reserved.