データベースのデータを取得する

サンプルソース

' ADOコネクションを生成
Set objConn = CreateObject("ADO.Connection")

' DB接続情報をセット
objConn.ConnectionString = "DSN=DSN1;UID=user1;PWD=password1;"

' 接続をOpen
objConn.Open

' ADOレコードセットを生成
Set objRS = CreateObject("ADO.Recordset")

' SQLを発行
objRS.Open "select * from Table", objConn

' レコードセットが終端になるまで
Do Until objRS.EOF
    Cells(1,1) = objRS(0).Value
    objRS.MoveNext
Loop

' レコードセットをClose
objRS.Close
Set objRS = Nothing

' 接続をClose
objConn.Close
Set objConn = Nothing

解説

ADO.Connectionはデータベースに接続するためのオブジェクトです。

Connection オブジェクトのConnectionStringにデータベース接続情報を設定します。
Connection オブジェクトのOpenでデータベースに接続します。

Recordset オブジェクトのOpenにSQL文をセットし、結果を取得します。
Recordset オブジェクトのMoveNextでレコードを次に進めます。
Recordset オブジェクトのEOFはレコードの最終かどうかを判定します。
例では、レコードの最終まで処理を繰り返しています。

Recordset オブジェクトのCloseで取得結果を閉じます。
Connection オブジェクトのCloseでデータベースの接続を閉じます。




関連する内容



Excel VBA講座
VBScriptサンプル集

日付操作

文字列操作
     ...すべてのサンプルをみる



関連リンク
 セル、シート、ブックの参照や操作、
 書式設定に関するサンプル集。
Copyright (C) ExcelVBA@Workshop All rights reserved.