VBA の定数

定数とは、数値やテキスト文字列などのデータを事前に設定しておくものです。

定数は設定値や基準値などに使うことによって、ソースに一貫性を持たせることができます。
また、一度設定した定数は、途中で値を変えることができません。

変数は、Constで定義します。

定数の宣言例

' 文字列型の定数
Const strParam = "定数"

' 数字型の定数
Const intParam = 999

例では、文字列型または数字型の定数を宣言しています。
"(ダブルクォーテーション)で囲むと文字列型に、ないと数字型になります。

定数の適用範囲

ConstにはPublicPrivateを指定することで定数の適用範囲(レベル)を指定できます。
いずれも指定せず、省略した場合は、Privateを指定したものとみなします。

Publicはプロシージャレベルの指定といい、他のモジュールから参照可能になります。
Privateはモジュールレベルの指定といい、指定したモジュールからのみ参照可能になります。

' プロシージャレベルの指定
Public Const intParam1 = 1

' モジュールレベルの指定
Private Const intParam2 = 2

' モジュールレベルの指定(Private省略時)
Const intParam3 = 3

定数の指定について

VBAでは、必ずしも定数を宣言する必要はありませんが、
特別な理由がない限りは、使用する前にすべての定数を宣言することをおすすめします。

定数を必ず宣言するように習慣付けておくと、エラーの発生を未然に防ぐことができます。




Excel VBA講座

関連リンク
 セル、シート、ブックの参照や操作、
 書式設定に関するサンプル集。

 VBScriptの文字列、日付、ファイルの  操作に関するサンプル集。




セルの参照
セルを扱う
セルの範囲を扱う
行や列を扱う
セルに値を取得・設定する
セルに文字列で取得する
セルを選択する
選択しているセルを参照する
セル数、行数、列数を求める
行番号、列番号を求める
セルに名前を付けて参照する
行・列を表示・非表示にする
セルの位置を取得する

セルの書式
フォントサイズを設定する
フォント名を設定する
フォントの太字・斜体を設定する
取消線を設定する
上付き文字を設定する
下付き文字を設定する
セルの表示形式を設定する
配置を設定する
横書き・縦書きを設定する
文字の折り返しを設定する
セルを結合・解除する
セルの背景色・文字色を設定する
セルに罫線を引く(線の位置)


Copyright (C) ExcelVBA@Workshop All rights reserved.