Excel VBA とは

Excel VBAとは、Excelに標準で付いているプログラミング言語です。

VBAはVisual Basic for Applicationsの略で、プログラムの構文は、VisualBasic または VBScript
がベースになっています。

Excel VBAは、WordやAccess、PowerPointなどにも搭載され、マイクロソフトのアプリケーション間で利用できます。

このサイトでは、Excel VBAに限定して掲載しています。

Excel VBA でできること

マクロやボタンを配置し、複雑な操作や単純作業を自動化することができます。

Excel VBA を使うことで、セル計算、書式設定、グラフ作成、印刷設定、ピボットテーブルなどの
作業を自動化することができます。

Excel VBA に必要なインストール

ExcelやWord、Accessなど、Microsoft Officeがインストールされていれば、他にインストールが
必要なものはありません。

「VBE(Visual Basic Editor)」という開発環境が利用できるようになっており、
すぐにVBAが利用できるのが便利な点です。

Excel VBA のバージョン

Excel VBA はExcel2000/2003/2007/2010/2013で利用できます。

Excelのバージョンアップに応じて、VBAのバージョンも異なり、それに伴ってマクロコードの修正が
必要な場合があります。

Excel バージョンVBA バージョン
Excel 20137.1 (32ビット版/64ビット版)
Excel 20107.1 (32ビット版/64ビット版)
Excel 20076.5
Excel 20036.5



Excel VBA講座

関連リンク
 セル、シート、ブックの参照や操作、
 書式設定に関するサンプル集。

 VBScriptの文字列、日付、ファイルの  操作に関するサンプル集。




セルの参照
セルを扱う
セルの範囲を扱う
行や列を扱う
セルに値を取得・設定する
セルに文字列で取得する
セルを選択する
選択しているセルを参照する
セル数、行数、列数を求める
行番号、列番号を求める

セルの書式
フォントサイズを設定する
フォント名を設定する
フォントの太字・斜体を設定する
取消線を設定する
上付き文字を設定する
下付き文字を設定する
セルの表示形式を設定する
配置を設定する
横書き・縦書きを設定する
文字の折り返しを設定する
セルを結合・解除する
セルの背景色・文字色を設定する
セルに罫線を引く(線の位置)
セルに罫線を引く(線の種類)
セルに罫線を引く(線の太さ)
セルに罫線を引く(線の色)
セル範囲の周囲に罫線を引く
セルを挿入する
セルを削除する


Copyright (C) ExcelVBA@Workshop All rights reserved.