数字型に変換する

サンプルソース

Msgbox CInt(10.1234)
' 10
Msgbox CInt(10.5678)
' 11

Msgbox CLng(10.1234)
' 10
Msgbox CLng(10.5678)
' 11

Msgbox CDbl(10.5678)
' 10.5678

Msgbox CSng(10.5678)
' 10.5678


解説

CIntは整数型(Integer)に、CLngは長整数型(Long)に、
CDblは倍精度浮動小数点数型(Double)、CSngは単精度浮動小数点型(Single)に変換します。

CIntCLngは小数部分が 0.5 の場合は、CInt 関数は常に最も近い整数に値を丸めます。
たとえば、0.5 を 0 に、1.5 を 2 にそれぞれ丸めます。

またCIntに長整数型(Long)の数値を指定するとエラーになります。
たとえば、CInt(40000)はエラーになります。

以下はデータ型ごとの数値の範囲です。
整数型-32.768 〜 32.767 の範囲の整数値を持つデータ型
長整数型-2,147,483,648 〜 2,147,483,647 の範囲の整数値を持つデータ型
単精度浮動小数点数型-3.402823E38 〜 -1.401298E-45 (負の値) および 1.401298E-45 〜 3.402823E38 (正の値) の範囲の単精度浮動小数点数を持つデータ型
倍精度浮動小数点数型-1.79769313486232E308 〜 -4.94065645841247E-324 (負の値) および
4.94065645841247E-324 〜 1.79769313486232E308 (正の値) の範囲の倍精度浮動小数点数を持つデータ型



データ型操作



Excel VBA講座
VBScriptサンプル集

日付操作

文字列操作
     ...すべてのサンプルをみる



関連リンク
 セル、シート、ブックの参照や操作、
 書式設定に関するサンプル集。
Copyright (C) ExcelVBA@Workshop All rights reserved.