セルに入力規則を設定する

サンプルソース

入力規則を追加(リスト指定、B1〜B3)
Range("A1").Validation.Add Type:=xlValidateList, Formula1:=Range("B1:B3")

' 入力規則を追加(整数の範囲指定、1〜100)
Range("A2").Validation.Add Type:=xlValidateWholeNumber, AlertStyle:=xlValidAlertStop, Operator:= xlBetween, Formula1:="1", Formula2:="100"

' 入力規則を追加(文字長の範囲指定、5〜10)
Range("A3").Validation.Add Type:=xlValidateWholeNumber, AlertStyle:=xlValidAlertWarning, Operator:= xlBetween, Formula1:="5", Formula2:="10"

解説

Validation.Addで入力規則を設定します。

入力規則はセルへの入力を制限するもので、指定したリストのみの入力やある整数の範囲のみの入力など制限することができます。

Typeに入力規則の種類、AlertStyleに入力規則のエラー表示方法、Operatorに入力規則の方法、Formula1とFormula2に入力規則の条件式を設定します。

Typeの設定値
設定内容
xlInputOnlyすべての値
xlValidateListリスト指定
xlValidateWholeNumber整数指定
xlValidateDecimal小数点指定
xlValidateTime日時指定
xlValidateDate日付指定
xlValidateTextLength文字長指定
xlValidateCustomユーザ設定指定


AlertStyleの設定値(省略可能)
設定内容
1xlValidAlertStop中止アイコン
2xlValidAlertWarning警告アイコン
3xlValidAlertInformation情報アイコン


Operatorの設定値(省略可能)
設定内容
xlBetween1Formula1とFormula2の間
xlNotBetween2Formula1とFormula2の間以外
xlEqual3Formula1と等しい
xlNotEqual4Formula1と等しくない
xlGreater5Formula1より大きい
xlLess6Formula1より小さい
xlGreaterEqual7Formula1以上
xlLessEqual8Formula1以下




セルの操作

Copyright (C) ExcelVBA@Workshop All rights reserved.