グラフを作成する(埋め込みグラフ)

サンプルソース

' グラフを作成(1)
ActiveSheet.ChartObjects.Add 100, 100, 600, 200
ActiveSheet.ChartObjects(1).Chart.ChartType = xlColumnClustered
ActiveSheet.ChartObjects(1).Chart.SetSourceData Source:=Range("A1:B3")

' グラフを作成(2)
With ActiveSheet.ChartObjects.Add(30, 50, 300, 200).Chart
    .ChartType = xlColumnClustered
    .SetSourceData Source:=Range("A1:B3")
End With

解説

ChartObjects.Add(Left,Top,Width,Height)で埋め込みグラフ作成します。
Left:左からの位置を指定します。単位はポイント
Top:上からの位置を指定します。単位はポイント
Width:幅を指定します。単位はポイント
Height:高さを指定します。単位はポイント

ChartTypeでグラフの種類を設定します。
SetSourceDataでデータ範囲を設定します。

(1)と(2)は同じ結果になりますが、(2)はWithを使って簡略化できるので便利です。


ChartTypeの設定値
設定内容
xlColumnClustered集合縦棒
xlColumnStacked積み上げ縦棒
xlColumnStacked100100%積み上げ縦棒
xlBarClustered集合横棒
xlBarStacked積み上げ横棒
xlBarStacked100100%積み上げ横棒
xlLine折れ線
xlLineMarkersマーカー付き折れ線
xlLineStacked積み上げ折れ線
xlLineStacked100100%積み上げ折れ線
xlPie
xlXYScatter散布図
xlBoubleバブル
xlArea
xlDoughnutドーナツ
xlSerface等高線
xlStockHLC株価チャート
xlCylinderColClustered円柱
xlConeColColClustered円錐
xlPyramidColColClusteredピラミッド



グラフの操作

セルの参照
セルを扱う
セルの範囲を扱う
行や列を扱う
セルに値を取得・設定する
セルに文字列で取得する
セルを選択する
選択しているセルを参照する
セル数、行数、列数を求める
行番号、列番号を求める
セルに名前を付けて参照する
行・列を表示・非表示にする
セルの位置を取得する
表全体を参照する
表の終端を取得する
セルのアドレスを取得する
セルを検索する
セルを並び替える

セルの書式
フォントサイズを設定する
フォント名を設定する
フォントの太字・斜体を設定する
取消線を設定する
上付き文字を設定する
下付き文字を設定する
セルの表示形式を設定する
配置を設定する
横書き・縦書きを設定する
文字の折り返しを設定する
セルを結合・解除する
セルの背景色・文字色を設定する
セルに罫線を引く(線の位置)
セルに罫線を引く(線の種類)
セルに罫線を引く(線の太さ)
セルに罫線を引く(線の色)
セル範囲の周囲に罫線を引く
セルを挿入する
セルを削除する
行の高さ・列の幅を設定する
行の高さ・列の幅を自動調整する
セルをロックする
文字列の一部の書式を設定する
セルに数式を設定する
セルに条件付き書式を設定する
セルにハイパーリンクを設定する
セルに入力規則を設定する
セルに入力規則を削除する
セルの入力規則を詳細設定する
Copyright (C) ExcelVBA@Workshop All rights reserved.