ディクショナリの項目の存在をチェックする

サンプルソース

' ディクショナリオブジェクトを生成
Set objDic = CreateObject("Scripting.Dictionary")

' キーと項目を追加
objDic.Add "aaa", "伊藤"
objDic.Add "bbb", "田中"
objDic.Add "ccc", "鈴木"

If objDic.Exists("ccc") Then
    Cells(1,1) = "指定された項目が存在します。"
End If

' ディクショナリオブジェクトを解放
Set objDic = Nothing

解説

Scripting.Dictionaryは任意の形のデータを格納するディクショナリのオブジェクトです。

Existsで指定したキーから項目が存在するかチェックします。




ディクショナリ操作



Excel VBA講座
VBScriptサンプル集

日付操作

文字列操作
     ...すべてのサンプルをみる



関連リンク
 セル、シート、ブックの参照や操作、
 書式設定に関するサンプル集。
Copyright (C) ExcelVBA@Workshop All rights reserved.